1. トップ
  2. 福島県
  3. 郡山・三春
  4. 酒場スワロウ

酒場スワロウサカバスワロウ

  • バル・ビア
  • 郡山・三春

郡山でホッと一息つける場所。地産地消にこだわるダイニングバー

  • 創作料理とお酒が魅力のダイニングバー

    郡山駅の近くにお店を構える酒場スワロウ。豊富な種類のお酒と地元食材にこだわった料理を楽しめるダイニングバーだ。地元でホッと落ち着ける場所を作りたかったというオーナーの想いを体現したお店で、アットホームな雰囲気が特徴。店内は木のぬくもりあふれる空間で、あたたかみのある照明がともる。カウンター席のほかテーブル席も充実しており、用途に合わせて利用可能。お酒片手に笑顔が広がる時間を過ごせることだろう

  • お気に入りの1杯を探す楽しみも

    店内に入ってまず目を引くのが、カウンターの奥にずらりと並んだお酒のラインアップ。姉妹店にバーがあるため、酒場スワロウでもたまざまなお酒を嗜める。メニューにないものであっても、バーテンダーがリクエストに応じて作ってくれるのがうれしい。飲み放題付きのコース料理ではなんと、カクテルを含む60種以上のドリンクがフリーに。店名に『酒場』とあるとおり、お酒が好きなゲストのツボをしっかりと抑えている

  • 地元食材をたっぷりと

    肉は地元の肉屋から、野菜も同市内から仕入れているなど、地元食材にこだわりをもつ酒場スワロウ。鮮度のよさや地元ならではのおいしさを堪能できる。同店で常連客が必ずといっていいほど注文するのが『ブロッコリーステーキ』。これはブロッコリーまるまる一株を、あえて芯が残るくらいの焼き具合で提供する食べごたえのあるメニュー。ニンニク、アンチョビ、塩のシンプルな味付けが素材の良さを引き立てている

  • 白岩 研一
    大工から料理人へ転身した、異色の経歴の持ち主
    1981年生まれ、郡山市出身。実家が自営業を営んでいたため、幼いころから料理をする機会が多かった。高校卒業後、大工の専門学校に進学。その後大工として働くが、知人の紹介で、もともと興味を持っていた料理の世界へ飛び込む。2014年に羅布乃瑠沙羅英慕の福島店のシェフを任される。酒場スワロウのオーナーに誘われ、2017年オープンと同時にシェフに就任し、現在に至る
  • 地元への愛情にあふれた料理
    化学調味料に頼らず素材のおいしさを引き出す
    旬の魚が水揚げされればすぐに取り入れたり、定番のパスタにゴルゴンゾーラチーズを隠し味に使ったりと、食への強いこだわりを感じさせる酒場スワロウの料理。食品添加物を極力使わないのが同店のスタイル。福島のブランド豚・麓山高原豚をはじめとする、郡山や会津の食材を盛り込むなど地元愛もたっぷり。同郷出身者でなくても、何度でも訪れたくなる魅力にあふれている
  • SPECIALITE
    自家製ローストビーフ
    香り豊かな風味と、しっとり柔らかな食感が人気の一品。赤身の旨味や脂身の甘みが口いっぱいに広がる。肉はオーストラリア産の牛外モモ肉。塩コショウで味をしみ込ませてから表面を焼いた後、香味野菜とともに低温でじっくりロースト。オリーブオイルと岩塩で仕上げ、マスタードを添えて提供している。時に和風トマトソースでアレンジすることも。注文が入ってから1枚ずつ切り分けるため、ジューシーなおいしさを堪能できる

予約できるプラン(全1件)

店舗名 酒場スワロウ(サカバスワロウ)
住所 福島県郡山市駅前1-9-4 小林ビル 1F地図を見る
電話番号 024-983-6262
最寄り駅 JR 郡山駅 徒歩2分
営業時間 [月]
ディナー 18:00~24:00(L.O.23:00)

[水~日]
ディナー 18:00~26:00(料理L.O.25:00/ドリンクL.O.25:30)
定休日 火曜日
席数 33席(テーブル24席・カウンター9席)
個室 なし
料金目安 ディナー 3,240円~5,400円
サービス料 なし
テーブルチャージ料 800円
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 全席喫煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL https://suwarou.owst.jp/
補足情報 23時以降ラストオーダー、日曜日も営業、ワインが売り、車椅子可能、子供同伴可能