1. トップ
  2. 大阪府
  3. 淀屋橋・本町・天満橋
  4. agnel d'or

agnel d'orアニエルドール

  • フレンチ
  • 淀屋橋・本町・天満橋

多彩な独創型ガストロノミー。時代を切りひらく日本フレンチを大阪から発信

  • 日本発信フレンチの新しいかたち

    一ツ星を獲得し、今まさに話題沸騰中のagnel d’or。国内やオーストラリア、フランスで修業を積んだ藤田晃成シェフによる、独創性あふれるフレンチを楽しめるお店だ。コース料理は少量多皿のスタイルで、美しい盛り付けも印象的。食材の意外な組み合わせをまとめ上げるなど、そのオリジナリティーは未知なる食へのワクワク感を刺激してやまない。確かな技術に裏打ちされたガストロノミーの世界がここにある

  • 美術館を思わせる上質な空間

    agnel d’orの佇まいは非常にシンプル。四角く切り取られた扉を開くと、白亜の壁に囲まれた空間が広がっている。内装のテーマは無駄を省くという意の『ミニマリズム』。素っ気なさを感じさせるわけではなく、たとえば椅子は徳島県の『宮崎椅子製作所』によるもので、ウォールナットの継ぎ目のない美しい曲線があたたかみを醸し出している。華美を抑えた設計は、主役の料理の色彩をいっそう引き立たせるのだ

  • 少しずつたくさんの味を堪能

    『日本発信のフランス料理』をコンセプトに、季節感を盛り込んだagnel d’orの料理。食材のみを記したメニュー表からは想像もつかない斬新な一皿が次々と登場する。とはいえベースはクラシックなフレンチ。伝統技法を根拠に、独自の理論で味を構築している。素材は国産にこだわり、一皿3~4要素まで。きちんと作られたソースが引き立てる味わいを、ワインのベアリングとともに楽しみたい

  • 藤田 晃成
    本場フランスでオープニングシェフを務め上げた実力
    1981年大阪生まれ、辻調理師専門学校卒業。大阪の仏料理店、寿司店、豪のレストランで修業後、神戸の『エスパス・トランキル』(現アノニム)で2年半就業。現在も師と仰ぐ加古拓央シェフに出会い、厳しくも温かい環境で鍛えられたのちに渡仏。約4年間ノルマンディー、バスク、リヨンと渡り歩く。ネオビストロ『アルカンジュ』のオープニングシェフを約1年半務めた後に帰国し、2013年にagnel d’orをオープン
  • 迷いや寄り道、紆余曲折を経てたどり着いた場所
    なぜこのスタイルなのか
    今でこそ時代の寵児だが、ここまでの道のりは決して平坦ではなかった。専門学校では勉強に興味をもてず、土木仕事に携わった時期も。何か武器が欲しくて魚のさばき方を習いに寿司屋へ。渡豪したのは英語圏ならどうにかなるだろうと思ったから。そんな藤田氏も、加古シェフの存在によって目指す道を見据えるようになる。フランスではあえて日本人の少ない田舎町を選んだ。実力を培い、満を持して独立を果たしたのがこの店なのだ
  • SPECIALITE
    コンソメ
    agnel d’orの核を成すのはクリアなコンソメ。コンソメは時間をかけて肉や野菜を煮立てて作るが、澄んだ琥珀色であることが条件で、アクや脂分を丁寧に取り除かねばならない。手間ひまのかかるこのスープを、同店では香りと旨味を大切にして仕立てている。そうしてできあがるコンソメは、店で提供しているすべての味の基礎。シェフにとってまさに『自分の味』といえる料理である

予約できるプラン(全3件)

店舗名 agnel d'or(アニエルドール)
住所 大阪府大阪市西区西本町2-4-4地図を見る
電話番号 06-4981-1974
最寄り駅 地下鉄中央線/千日前線 阿波座駅 1番出口、徒歩4分
営業時間 [火]
ディナー 18:00~20:00(L.O.)

[水~日]
ランチ  12:00~13:15(L.O.)
ディナー 18:00~20:00(L.O.)

定休日 月曜日、火曜日ランチ
席数 14席(テーブル14席)
個室 なし
料金目安 ランチ   5,184円~
ディナー 10,800円~
サービス料 10%
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、その他
ドレスコード スマートカジュアル(短パン・サンダルNG) ※車椅子の補助が可能です ※コース料理を召し上がれるお子様の同伴が可能です
禁煙/喫煙 全席禁煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.agneldor.com/
補足情報 ランチあり、日曜日も営業、ワインが売り、車椅子可能、子供同伴可能