1. トップ
  2. 福島県
  3. 郡山・三春
  4. 串たろう

串たろうクシタロウ

  • 焼鳥・串揚げ
  • 郡山・三春

ひと串に注ぎ込まれた会津人の心意気。郷土愛あふれる旨いものでおもてなし

  • 地鶏や馬肉、酒など会津は美食の宝庫

    福島県の西部に広がる会津地方。その地のさまざまな美味を堪能できるのが、郡山駅近くに構える串たろうだ。会津食材のおいしさを知らしめるべく誕生したお店で、会津地鶏や馬肉、奥会津牛、米、野菜、日本酒など、会津産にこだわった味覚をそろえる。地鶏ひとつとっても、いくつかある畜産農家の味を食べ比べて一番良質と感じたものを仕入れるなど、その味わいは確かなもの。会津愛にあふれた店主が至高の逸品へと仕立てる

  • おだやかな時間が流れるモダン空間

    駅から徒歩4分と好立地にもかかわらず、串たろうは控えめな店構えをしている。ビルの地下にあるお店は、看板は小さく、入り口にはシンプルな扉に季節の花が添えられているのみ。中の様子をうかがい知れないこそ、好奇心を刺激されずにはいられない。店内は調理風景を目の前で眺められるカウンター席のほか、テーブル席、個室にもなる掘りごたつ席が配され、選りすぐりのお酒とともにゆったりと食事を楽しむことができる

  • リピーターの心をつかんで離さない希少肉

    会津は特においしい肉がそろう。串たろうで人気があるのは馬の『ゆびぬき』。常連客のほとんどが注文する串焼きで、コリコリとした食感とほどよい脂身が特徴。噛めば噛むほどに旨みを楽しめる、一度食べたらクセになる味わいだ。そして奥会津牛。月に1~3頭しか出荷されないブランド牛で、同店ではやわらかくて旨みの強い赤身いちぼの串を提供している。希少なだけに、味わえるどうかは運も影響しそうだ

  • 星 修太郎
    食材の特性をどう生かすか日々研究。胸に抱く会津の誇り
    飲食業を営んでいた父の姿に憧れ、高校卒業後エコール辻東京へ。卒業したのち都内の寿司店に勤務するが、1年後に家庭の事情により会津へ帰郷し実家を手伝う。その後、知人から相談を受けて飲食店の立て直しに協力。2012年に念願であった自身の店、Taro食堂を会津若松にオープン。さらに多くの人に会津食材の魅力を知ってもらうため、福島県の玄関口である郡山市に串たろうを開業し、今に至る
  • 酒や器でも会津の魅力を堪能
    人気銘柄を数多く輩出している会津の日本酒
    串と相性の良いワインもそろうが、異郷より訪れたならぜひ地酒にご注目を。冩楽、会津娘、飛露喜、天明、会津中将と、そうそうたるラインアップ。山に囲まれ寒暖差が大きい会津は清らかな水が豊富で、全国的にも高い評価を受ける蔵が集まっている。また、古くから城下町として栄えてきたこの地は、会津漆器などの伝統工芸品も盛ん。串たろうでは主に会津本郷焼を使用。
  • SPECIALITE
    会津地鶏の串焼き
    400年以上前から飼われてきた会津地鶏。臭みが少なく適度に脂がのっておりコクと旨みが特徴のこの鶏肉を、串たろうでは手作業で串打ちをし、高知の備長炭による強火の近火で一気に焼き上げ、表面はカリッと香ばしく、中は旨みたっぷりに仕上げる。たれは部位ごとに5種類を使い分けるというこだわりぶり。年間の流通量が6万羽程度と少なく『幻の地鶏』と呼ばれる会津地鶏の味を存分に堪能できる、まさに贅沢な食べ方だ

予約できるプラン(全2件)

店舗名 串たろう (クシタロウ)
住所 福島県郡山市駅前1-4-7 エリート41ビル B1
電話番号 024-983-5883
最寄り駅 JR 郡山駅 西口、徒歩4分
営業時間 ディナー 18:00~23:00(L.O.)
定休日 第2月曜日、日曜日
(月曜日が祝日の場合は日曜日営業)
席数 24席(カウンター14席、座敷10席)
個室 お座敷個室1室 4~10名
・1室4~10名 ※7名より貸切(個室4名/6名での分割も可能)
料金目安 ディナー 6,500円~10,000円
サービス料 なし
テーブルチャージ料 540円
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
※お子様のご利用は22時までとさせていただきます
禁煙/喫煙 全席禁煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.koriyama-kushitaro.com/
補足情報 個室あり、カウンターが主体、靴を脱ぐ、日本酒が売り、子供同伴可能