1. トップ
  2. 東京都
  3. 西麻布・麻布十番
  4. 西麻布 拓

西麻布 拓ニシアザブ タク

  • 寿司
  • 西麻布・麻布十番

序盤から鮨が登場する自由なコース構成。新しい愉しみ方を切りひらく

  • 味わってほしいものが先

    西麻布にて星を獲得し続ける鮨の名店、西麻布 拓。コースは基本的にお任せで、一人ひとりに合わせて内容を変える臨機応変なスタイル。鮨というとコースの後半に提供するお店も多いが、お腹がいっぱいになる前に味わってほしいため、同店では序盤から現れる。刺身に始まり、鮨、一品料理、野菜を使ったつまみなど、次はどんな美味が登場するのか予想もつかないところが楽しい。少量多皿でさまざまな味覚に出合えるのも魅力だ

  • ブルゴーニュをはじめ多彩なお酒を用意

    西麻布 拓の出発点は『ブルゴーニュワイン×鮨』。オープンした頃は鮨にワインに合わせることが珍しかった。当時のソムリエが最適と判断したのがブルゴーニュ産。今もソムリエが常駐しているが、ブルゴーニュに限らずイタリア、ポルトガルなど多様なワインを用意している。一方で、新政や屋守などの日本酒や、お茶も常備。何より食事を楽しんでほしいから、ゲストが好むならば飲み物に何を選んでもらっても構わないのだ

  • 豊洲や九州から届く選りすぐりの魚介

    西麻布 拓では料理長の石阪氏が毎日豊洲市場へ足を運ぶ。いい魚を仕入れるためには魚屋と信頼関係を築くことが大事と考えるためだ。魚を選ぶポイントは、食べておいしいこと。雲丹の場合きれいな色味のほうに惹かれがちだが、黒っぽいほうがおいしいのだとか。仕入れは九州の卸業者にも頼んでいる。北海道とはまた違ったおいしさの雲丹、小ぶりで旨みの強いイロハガキなど、九州でしか取れない魚介も同店では主役のひとつになる

  • 石阪 健二
    初代料理長の技術や、店への想いを受け継ぐ
    1973年生まれ町田市出身。昔から料理が好きで、高校時代に鮨屋でアルバイトを始める。以降、フレンチや鮨屋で研鑽を積む。銀座久兵衛京王プラザホテル店にて10年間勤務。大阪の姉妹店へ出張した時にたまたま佐藤卓也氏と知り合い、慕うようになる。佐藤氏が西麻布 拓を立ち上げて独立を果たすタイミングで声をかけられ、同店に就職。鮨の握り方だけでなく仕事に向き合う姿勢を学び、2014年料理長に就任 
  • ゲスト目線のおもてなし
    やや不便な場所だからこそ、この店に来ることが目的となるように
    お店を構えるにあたり西麻布を選んだのは、当時この界隈には洋食店が多かったから。『ワイン×鮨』という目新しいコンセプトを掲げる場所としてぴったりだった。内観は和洋のモダンな造り。ゆったりと過ごしてもらうため1人分のスペースを広く取っている。著名な窯元による作品など味わい深い器も見どころ。臨機応変なコース内容、料理についての丁寧な説明、細やかな心配りにはすべて、ゲストへの深い愛情が込められている
  • SPECIALITE
    魚も大事だが、もっとも重要視しているのはシャリ。味はいいが粘りのある会津産のコシヒカリと、甘味とぱらつきが特徴のササニシキ系である新潟産コシイブキをブレンドして使用する。米酢と赤酢を使い分けるのも特徴。淡白な貝類やあっさりした魚には米酢で仕上げたシャリを、トロや昆布〆といった濃厚な魚や脂がのったものには赤酢を使う。まさにシャリこそ味の決め手。これなら何を乗せてもおいしいと、自信をもって提供している

予約できるプラン(全2件)

店舗名 西麻布 拓 (ニシアザブ タク)
住所 東京都港区西麻布2-11-5 カパルア西麻布 1F
電話番号 03-5774-4372
最寄り駅 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 5番出口、徒歩7分
営業時間 [月~土]
ディナー 18:00~25:00 (L.O 23:00)
定休日 日曜日、祝日
席数 14席(カウンター席)
個室 1室 4~6名(掘り炬燵カウンター席)

※大人4名様以上から個室利用可能
※個室のみ、未就学児同伴可能
料金目安 ディナー 20,000円~29,999円
サービス料 なし
テーブルチャージ料 10,800円/室(個室代)
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード ビーチサンダル、男性ショートパンツ、強い香水は不可

※車椅子でご来店の場合、補助対応が可能
※お子様12歳以上
禁煙/喫煙 分煙(個室のみ喫煙可) 
店舗URL なし
補足情報 個室あり、カウンターが主体、靴を脱ぐ、ワインが売り、日本酒が売り、車椅子可能、子供同伴可能
駐車場 なし