1. トップ
  2. 東京都
  3. 神楽坂・水道橋・飯田橋・四ツ谷
  4. INUA

INUAイヌア

  • インターナショナル
  • 神楽坂・水道橋・飯田橋・四ツ谷

世界一のレストラン出身シェフが紡ぐ生命のサイクルの物語。唯一無二の味わい

  • ゲストを幸せで満たすことが使命

    世界一のレストランnomaのレネ・レゼピ氏の右腕だったトーマス・フレベル氏がヘッドシェフを務めるINUA。季節と共に移り変わるメニューは“自然の意思”にインスパイアされている。また、鹿が森を歩く場面を表現した『鹿のタンと香草サラダ』など、時に地球との共存を表現した料理が登場することも。大切にしているのはおいしさと感動、そして幸せでゲストのお腹を満たすこと。海藻をキャラメリゼした『ヒロメのミルフィーユ』など斬新な一品もあり、驚きの美味を提供している

  • 同店に共感した生産者140件

    INUAの世界観を支えているのが、購買チーム。フレベル氏が思い描くイメージから最適な食材を探し出し、生産者へ掛け合う。一般的に美味とされているものや市場に出回っているものにとどまらず、時には未熟な果実を求めることも。実だけでなく葉や枝など植物全体をみて、仕入れるべきかを判断する。これはと思ったら、フレベル氏の考えを丁寧に伝えて分けてもらう。そうして縁を結んだ生産者は1年間で140件にも上る

  • 日々テストキッチンでメニューを開発

    nomaにて研究開発部門の責任者だったフレベル氏。INUAにもテストキッチンがあり、日夜研究が行われている。発酵機を何台も使い分けたり、貯蔵期間による食べ物の変化を観察したりと、さまざまな実証を積み重ねてレシピを開発するのだ。フレベル氏を慕い同店に集まったのは、15を超える国と地域からやってきた30名以上のスタッフ。東京に根を下ろし、インスピレーションを与え合いながら、新しい食の世界を追求している

  • トーマス・フレベル
    nomaのレネ・レゼピ氏から、食材を理解することの大切さを学ぶ
    1984年生まれドイツのマクデブルク出身。プロサッカー選手を夢見ていた少年だった。当時父親が飲食業を営んでおり、両親の勧めもあって料理の道へ。2009年から約10年間nomaで働く。2018年6月、INUAのオープンと同時にヘッドシェフに就任。INUAとはグリーンランドの神話の言葉が由来。『大自然に宿る生命の力や精神』を表すこの語は、nomaで学んだ自身のルーツの北欧を想起させる、フレベル氏にとって大切な響きを持つ
  • 日本の風土と美しい四季、豊かな食材の虜
    過去数年間にわたり、日本全国に足を運んだフレベル氏
    4度にわたり『世界のベストレストラン50』で世界1位に輝いたnomaと、株式会社KADOKAWAのパートナーシップによって誕生したINUA。KADOKAWA会長の角川歴彦氏が、同店のクラフトマンシップやオリジナリティを貴ぶ姿勢に共感したことが開業の発端である。かつてnomaの一員だった頃に日本へ訪れたフレベル氏。風土や文化、食材にすっかり魅了されていた彼にとって、INUAは念願といえるステージだ
  • SPECIALITE
    季節の食材で編む、愛すべき自然界の営み
    料理すべてがスペシャリテで、その一つひとつに深いストーリーが宿っている。旬の食材を使うため季節によって内容は変わるが、例を挙げるなら『フルーツレザーとアロマティックフラワー』。蜜蠟の上に季節の花をちりばめたこの一品は、蜂が花粉を運び受粉して果実が実るという命の営みを伝えている。

予約できるプラン(全2件)

店舗名 INUA(イヌア)
住所 東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル 9F 地図を見る
電話番号 03-6683-7570
最寄り駅 JR 飯田橋駅 西口、徒歩5分
東京メトロ南北線/有楽町線 飯田橋駅 出口B2a、徒歩7分
営業時間 [火~土]
ディナー 18:00~(L.O.20:15)
定休日 月曜日、日曜日
席数 66席(テーブル66席)
個室 1室 2~12名
料金目安 ディナー 23,500円~
サービス料 10%
テーブルチャージ料 なし
※個室は最低利用料500,000円(税サ別)以上で利用可
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、その他
ドレスコード なし ※車椅子の補助が可能です
禁煙/喫煙 全席禁煙
店舗URL https://inua.jp
補足情報 個室あり、眺めがきれい