1. トップ
  2. 東京都
  3. 赤坂
  4. 赤坂璃宮 本店

赤坂璃宮 本店アカサカリキュウ ホンテン

  • 中華料理
  • 赤坂

赤坂の街で長年愛され続ける日本の厳選食材を使用した広東料理

  • 食在広州の考えかた

    世界三大料理の一つでもある中国料理は、地域によってガラリと雰囲気が変わるのが特徴的である。その中でも『食在広州』―食材は広州にあり―と呼ばれるほど幅広い食材と調理法があるのが広東料理である。そんな広東料理の名店と名高いのが赤坂璃宮である。もともと『プラザ ミカドビル』の地下1階にあったものを、2008年に赤坂サカスの『赤坂Bizタワー』のアトリウム2・3階に移転し、心機一転スタートした

  • 父親の意思を汲む

    赤坂璃宮では、現在、広東料理の巨匠であるオーナーシェフ譚彦彬氏の意思を汲んでいるのが息子の譚澤明氏である。総料理長として名店の味を守っている。もともと有名ホテルで長年修行を積んでおり、その実力も折り紙つきである。芳醇でいて軽やかな広東料理は、油やスパイスを日本人のテイストに合ったように少なくしているので、最後まで美味しく堪能することができるお料理になっているのである

  • 医食同源をもと食を通して健康に

    もともと『医食同源』の観点が強い広東料理は、薬ではなく食事で養生するという思いが色濃く反映されている。だからこそ、あっさりとしながら美味しいものが生まれるのかもしれない。多くの食材を使う広東料理だからこそ、四季折々の移ろいのなかで多くの恵みのある日本においては美味しさを求めるのに丁度良いのだという。食材にこだわり、伝統と格式のある赤坂璃宮の味を堪能していただきたい

  • 譚 澤明
    守りつつ、新しい時代をつくる
    1976年生まれ、東京都出身。高校卒業後に料理の世界に入る。『東京全日空ホテル』、『横浜ベイシュラトンホテル』で研鑽を積んだ後『赤坂璃宮 本店』に入社。赤坂本店にて点心長として務めた後、2012年10月総料理長に就任する。またメディアにも幅広く取り上げられたり、料理教室の講師を務めるなど活動の幅を広げている。父親が完成させた味を守るためにお客様を丁寧に迎える
  • 2フロアを使った広々とした空間
    伝統と現代の感覚が交差する空間
    当店は2フロアを丸々使っているので広々とゆったりとした時間を過ごせるのが嬉しい。2階は伝統的な空間が広がっておりクラシカルな雰囲気である。3階に上がると、打って変わって気持ちの良い太陽が差し込む開放的な空間が広がっている。伝統を重んじながら現代の時代を駆け抜ける『赤坂璃宮』の温故知新の精神を反映しているかのようである。趣の違う4つの部屋もシーンに合わあせて上手く使い分けたい
  • SPECIALITE
    干鮑のオイスターソース煮
    乾物と魚介に関しては間違いない。じっくりと伝統的な技法で戻した干鮑を旨味たっぷりのオイスターソースで煮込んだ当店自慢の極上の一品である。ぜひともご堪能あれ

予約できるプラン(全5件)

店舗名 赤坂璃宮 本店 (アカサカリキュウ ホンテン)
住所 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂BizタワーAtrium 2F
電話番号 03-5570-9323
最寄り駅 東京メトロ千代田線 赤坂駅 徒歩1分
東京メトロ銀座線/丸ノ内線 赤坂見附駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線/南北線 溜池山王駅 10番出口 徒歩6分
営業時間 [月〜金] 
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~22:30(L.O.22:00)

[土・日・祝] 
ランチ  11:30~16:00(L.O.16:00)
ディナー 16:00~21:30(L.O.21:00)
定休日 年末年始
席数 90席
個室 4室 2〜30席
料金目安 ランチ  2,000円~3,000円
ディナー 10,000円~15,000円
サービス料 10%(ディナーのみ)
テーブルチャージ料 5,000円(個室使用の場合)
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 分煙(個室のみ喫煙可)
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.rikyu.jp/akasaka.html
補足情報 個室あり、ランチあり、日曜日も営業、日本酒が売り、子供同伴可能