1. トップ
  2. 大阪府
  3. 天王寺・阿倍野・上本町
  4. エ・オ <ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>

エ・オ <ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>エ・オ ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール

  • フレンチ
  • 天王寺・阿倍野・上本町

200℃の温度差を体験。山口浩氏の最新サイエンス料理

  • 日本の伝統美と仏料理

    あべのハルカス近鉄本店タワー館 14階に佇む『エ・オ 』。由来は、『Eloge de l’ombre(陰翳礼賛)』という言葉の頭文字から来ている。『陰翳礼賛(いんえいらいさん)』とは日本の伝統美の感覚のこと。西洋文化では煙たがれる陰影を肯定的に捉え、むしろ利用して陰影のなかで映える美しさを見出すというものである。日本伝統の美意識を念頭に置くことで新たな世界観を持つ料理を創造していくのである

  • 常にある師へのオマージュ

    受け継がれてきた伝統を守り、洗練させた技術と融合させる『エ・オ 』。フレンチの重要人物であるといわれる師ベルナール・ロワゾーへのオマージュを常に抱き、新しい時代の鼓動に耳を傾け二十四節気七十二候に育まれた日本人が持つ文化的で繊細な美意識と感性を生かす。フランス料理の卓越したテクニックとそれを裏付けるサイエンスを駆使した料理なのだ

  • 楽しむための食事

    山口浩氏が目指すスタイルは、生きるための食事ではなく、楽しむための食事なのだという。『衣・食・住』の一つとして避けられぬ生理的欲求の一つだからこそ、楽しもうという姿勢なのだ。『エ・オ 』で、最新の技術も駆使して、エンターテイメント性の高いお料理をお楽しみいただきたい

  • 山口 浩
    仏料理の新たな世界を創造
    大阪のホテルで修行後、渡仏。いくつものレストランを経て、三ツ星を獲得し、21世紀に入り絶賛される『ラ・コート・ドール(現ルレ・ベルナール・ロワゾー)』に勤める。総料理長ベルナール・ロワゾー氏のもと『水のフレンチ』を学ぶ。その後、『ラ・コート・ドール神戸』開業にあたり帰国。2000年より『神戸北野ホテル』の企画運営全般に携わる。そして2014年に当店を『あべのハルカス近鉄本店』にオープンさせる
  • 光と影が交錯する空間
    自然体な落ち着ける空間
    店全体のテーマでもある『陰翳』。内装もそれに準じたものとして、天然の素材をメインに用いているのだという。石、木、葉、雨粒をモチーフにして光と影が交錯する奥行きのあるデザインが特徴的である。うっすらと浮かび上がる厨房を客席から眺めることができ、ライブ感を強く感じることができるのだ。自然をテーマに日本の美意識を踏まえているので、落ち着ける特別な空間となっている
  • SPECIALITE
    牛肉の帯 温製ポテトピューレとフォアグラのテリーヌのシャーベット-196℃
    200℃の温度差をお楽しみいただきながら、お肉の旨味をフューチャーしたお料理。伝統を踏襲したからこそ成し得るその繊細な味わいと最新の技術の出会いが高揚させてくれること間違いない

予約できるプラン(全6件)

店舗名 エ・オ <ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール>(エ・オ ベルナール・ロワゾー・スィニャテュール)
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店タワー館 14F地図を見る
電話番号 06-6654-6446
最寄り駅 大阪市営地下鉄御堂筋線 大阪阿倍野橋駅 徒歩1分
営業時間 [月〜日]
ランチ  11:00 ~ 14:30(L.O.14:30)
ディナー 17:30 ~ 21:30(L.O.21:30)
定休日 あべのハルカスに準じる
席数 52席(テーブル52席)
個室 2室 6〜16名
料金目安 ランチ  3,800円〜5,524円
ディナー 3,800円~13,333円
サービス料 なし
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード 10歳未満のお子様はご遠慮ください
禁煙/喫煙 全席禁煙
店舗URL http://www.e-o.jp/menu/index.html
補足情報 個室あり、カウンターが主体、ランチあり、日曜日も営業、ワインが売り、駐車場あり、車椅子可能