1. トップ
  2. 東京都
  3. 銀座・築地
  4. 銀座芳園

銀座芳園ギンザホウエン

  • 中華料理
  • 銀座・築地

予約困難店、ふぐ料理を広東料理で堪能

  • 今年一番の注目店が銀座にオープン

    2014年1月24日、今年一番の注目店が銀座7丁目にオープンした。横尾博志氏が率いる当店は銀座でも最も予約困難な店として各メディアから取材が殺到している。広東料理一筋23年、その道のスペシャリストとして、恵比寿のウェスティンホテル東京『龍天門』在籍時に一ツ星獲得に貢献している。関東において星付き中華レストランは11店舗(2011年当時、2014年現在6店舗)しかないため、その実力のほどが伺えるだろう

  • 親切丁寧なスタッフ陣

    銀座7丁目内でひときわ異彩を放つ『第2新橋会館』の6階に位置する。店内はラグジュアリーなシャンパンゴールドと、シックなブラウンの壁面が瀟洒であり、華美になり過ぎず、落ち着いた上質な空間が演出されている。サービスも洗練されているのは熟練のスタッフの力量によるのだろう。オープンしたてとは感じさせないキッチンとホールの連携の良さには脱帽だ。全席が半個室使用になるため貴重なひとときを過ごすことができる

  • ふぐの調理師免許を持つ横尾博志料理長

    名店がひしめくこの界隈で、当店に注目が集まっているにはオススメ料理があるからと言える。まずは焼き物。広東料理の神髄とも言える素材本来の味と香りを引き出し、活かす技術。毎年数回は香港で修練を重ね基礎力の向上に努めている。『龍天門』の焼き場を担当時、星獲得に貢献した『北京ダック』や『広東式焼き物入り前菜の盛り合わせ』が人気。そして忘れてはならないのが中国料理には珍しくふぐをはじめとする海鮮料理だ

  • 渡邊 太  
    香港の焼き物師直伝の技術
    1978年、横浜市生まれ。東京調理師専門学校卒業後、新横浜プリンスホテルにてキャリアスタート。横浜グランドインターコンチネンタルホテル、ウエスティンホテル東京で10年間焼物、前菜シェフとして従事。本場香港焼物師より直接指導を受ける。その後、都内で話題のシンガポールレストランで総料理長を務め2017年9月より銀座芳園の料理長に就任。香港、シンガポールや台湾などのレストラン経験を活かし広東料理をベースとした新しい料理を造り出す
  • 最後まで堪能できるコース
    脂っこくない広東料理
    日本にある中華料理のイメージは脂がしつこいとよく耳にするが、本場の中国料理は決してそうでは無い。『フグと卵のトロトロあんかけご飯』、『上海蟹とフカヒレの濃激スープ』、そして『牛ヒレ肉の特製ジャン炒め花塔ぞえ』など繊細な包丁入れと仕込みの丁寧さが伺える。そして食感、味わいや食材選定が完璧に計算され、バランスよく最後まで堪能できるコースプランとなっている。通える本場の上質な味わいをご堪能いただきたい
  • SPECIALITE
    5味(鹹甘酸苦辛)の変化を楽しむコース
    本場香港のカルパッチョに感動。鮮魚の舌触りのなかに感じられる甘み、素揚げ麺の食感、咀嚼することで香り立つミョウガなど全体のバランスが秀逸。一皿一皿にかける情熱。コース全体を見据えた構成になっていることに食後に気づく事だろう

予約できるプラン(全5件)

店舗名 銀座芳園 (ギンザホウエン)
住所 東京都中央区銀座7-8-15 第2新橋会館 6F
電話番号 03-6274-6568
最寄り駅 東京メトロ銀座線/日比谷線/丸ノ内線 銀座駅 A2番出口 徒歩5分
JR 新橋駅 徒歩7分
東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線 新橋駅 徒歩7分
新交通ゆりかもめ 新橋駅 徒歩7分
営業時間 [月~土]
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:00)

[月~金]
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:30)

[土、日]
ディナー 17:30~22:00(L.O.21:30)

定休日 無休
席数 40席
個室 4室 2~16名
料金目安 ランチ  1,000円~2,000円
ディナー 8,000円~10,000円
サービス料 10%(ディナー)
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
※中学生未満のお子様は個室(室料3,240円)でのご利用をお願いしております。ご了承くださいませ
禁煙/喫煙 全席禁煙
店舗URL なし
補足情報 個室あり、ランチあり、ワインが売り