1. トップ
  2. 東京都
  3. 上野・浅草・押上・東陽町
  4. 日本料理もちづき

日本料理もちづきニホンリョウリモチヅキ

  • 日本料理
  • 上野・浅草・押上・東陽町

東京の絶景とともに愉しむ“和食一筋40年”の会席料理

  • 変化する景色。変わらぬ味

    平成元年にアサヒビール吾妻橋ビルの21階にオープンした日本料理店。パノラマビューは、眼下に浅草や下町の町並みが広がり、東京スカイツリーも見渡せる。晴れた日には、筑波山や日光の山々も見ることができる。お客様の立場に立った料理を出すということが信条で、御法事から披露宴、平日には接待が行われるそうだ。そのようなフォーマルな一面もありつつ、家族連れや、恋人同士の利用もあるのだという

  • 安心できるお料理のみを提供する

    突拍子もない料理は提供しないということがコンセプトで、安心できるものを提供している。安心感のある料理を出す上で、そこに彩りを与えるのは、やはり四季折々の食材である。『もちづき』では食材だけではなく、食器や花で四季を表現している。この意思を尊重しつつも、シックでモダンな雰囲気も漂っている。しかしながら、目を引くのは窓から見える景色であり、それはどんな絵画よりも価値のある景色になっている

  • 活気づく町並み

    席の間隔にも気が遣われていて、隣の会話が気にならないようにと配慮がされている。これだけの隅々まで気の行き届いた店ながら実にリーズナブル。日本料理もちづきは気軽に会席料理を楽しめるのがうれしい。東京スカイツリーの完成により、ますます活気づいていく町並みの変遷を楽しみながら、ゆっくりとゆっくりと馴染みになっていきたい。そう感じさせる店なのだ

  • 繰り返されてきた流れを汲む
    継続への拘り
    日本料理もちづきは安心できる会席料理を提供することを信条としているが故に、先付け、前菜、お椀にお造り。そして焼物に煮物、油物、食事ときて最後に水菓子という流れは決して崩さない。四季を何度も繰り返してきたからこその流れであり、いつ来ても間違いないという確信を得ることができる。奇をてらうことは簡単で、継続のなかに面白味を見いだせるかどうかが本物を見極める秘訣なのだということを思い知らされる
  • 逸品
    心温まる日本料理もちづきの一品
    和食の真髄を垣間みるダイナミックな伊勢エビの具足煮は、鎧の具足に見えることからその名がついたもので、和食のダイナミックな一面を見ることができる。カブと大根、そして水菜に針生姜とお麩が添えられている

予約できるプラン(全4件)

店舗名 日本料理もちづき(ニホンリョウリモチヅキ)
住所 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒグループ本社ビル 21F地図を見る
電話番号 03-5608-5002
最寄り駅 東武スカイツリーライン 浅草駅 正面出口 徒歩6分
東京メトロ銀座線 浅草駅 4番出口・5番出口 徒歩5分
都営浅草線 本所吾妻橋駅 A3出口 徒歩7分
営業時間 [月~金]
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~22:00(L.O.20:00)

[土・日・祝]
ランチ  11:30~15:30(L.O.14:00)
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日 火曜日
席数 80席(ダイニング50席・個室30席)
個室 4室(2~12名)
料金目安 ランチ  2,000円~5,999円
ディナー 7,000円~13,999円
サービス料 10%
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 全席禁煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.alaska-net.co.jp/mochizuki/index.html
補足情報 個室あり、ランチあり、日曜日も営業、眺めがきれい、駐車場あり、車椅子可能
駐車場 駐車料金が別途かかりますのでご了承ください(30分300円)