1. トップ
  2. 福岡県
  3. 福岡市内(市街地)
  4. Pissenlit

Pissenlitピサンリ

  • ビストロ
  • 福岡市内(市街地)

フランス産ヒナ鳥のローストなど、本場の味がいただける春吉の一軒家フレンチ

  • 心意気溢れるお料理

    『Pissenlit(ピサンリ)』とはフランス語で『たんぽぽ』という意味を持つ。伊丹十三監督の『たんぽぽ』という映画を観て料理人を志したところに由来するのだという。食通としても名高い伊丹十三氏の感覚は素晴らしく、当時日本に無い感覚を持っていた。食が豊かになった現代において、食に対する想いを改めて見つめなおし、心意気溢れるフランス料理を作り上げている

  • 開放的な一軒家レストラン

    春吉にひっそりと佇む一軒家レストランが『Pissenlit(ピサンリ)』である。グレーと格子状の木の扉が、物語の登場人物へと仕立てあげてくれる。店内は、天井の高い開放的な空間が広がっている。一つひとつのインテリアのセンスが輝き、居心地の良い温かみ溢れる雰囲気が素晴らしい。人と人との繋がりを大切にしていることが素直に感じることができる『Pissenlit(ピサンリ)』の優しい空間がお客様を優しく包む

  • 新鮮な食材にこだわる

    地元の食材をふんだんに取り入れている『Pissenlit(ピサンリ)』。海の幸や山の幸を、生産者の想いを踏襲して滋味深いフランス料理へと作り上げているのだ。家庭料理や郷土料理は、どれもが味わい深く、愛情が込められている。伝統的な技術を踏まえつつ、中島英人シェフ自らの個性をプラスして、素直に美味しいと思えるお料理にこだわる。お客様に楽しんでもらいたいという一心で『Pissenlit(ピサンリ)』は営業を続ける

  • 中島 英人
    食材との対話を繰り返す
    調理師専門学校を経て、フランス料理の世界へと飛び込んだ。本場フランスの一ツ星レストランでの修行経験を活かし、繊細な味わいが重要なフランス料理に、九州の食材を積極的に使用して挑戦している。生産者の食材への想いは世界共通であり、その想いを汲んで美味しさを引き出すという料理人としての仕事も世界共通である。食材と対話を繰り返し、より美味しくなるべく努力を重ねているのだ。お客様の笑顔は、隠れた努力により生み出される
  • 本場レストランで磨いた腕前
    旬をダイレクトに感じる
    本場フランスの一ツ星レストランでの修行の経験を持つ中島英人シェフのお料理は、シンプルながらも光るセンスが感じられる盛り付けと、共に旬の美味しさが凝縮されたものである。伝統を大切にしながらも、独創的な発想により新しい発見を絶えずお客様にプレゼンテーションしている。お客様もその発見の連続に虜になっている。旬の美味しさをダイレクトに伝えるメニューの数々を、思う存分楽しんでいただきたい
  • SPECIALITE
    フランス産ヒナ鳥のロースト
    皮目をパリッとジューシーに焼き上げた、フランス産ヒナ鶏のロースト。見た目にもボリュームがあり、シンプルだからこそ、シェフの絶妙な火入れをご堪能いただきたい

予約できるプラン(全2件)

店舗名 Pissenlit (ピサンリ)
住所 福岡県福岡市中央区春吉2-16-12
電話番号 092-721-1713
最寄り駅 福岡市営地下鉄七隈線 渡辺通駅 2番出口 徒歩5分
営業時間 [火~土]
ディナー 18:00~22:30(L.O.)

[日]
ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日 月曜日
席数 15席(テーブル12席・カウンター3席)
個室 なし
料金目安 ディナー 5,000円~
サービス料 なし
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 分煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://pissenlit.sakura.ne.jp/pissenlit2/fu_gang_shi_chun_jiniaruranchidinaniosusumenoo_dian_pisanri.html
補足情報 日曜日も営業、ワインが売り、車椅子可能、子供同伴可能