1. トップ
  2. 東京都
  3. 白金・広尾
  4. Le Plus 広尾

Le Plus 広尾ル・プリュース ヒロオ

  • フレンチ、ラウンジ・カフェ
  • 白金・広尾

上質な料理とワインで日々の疲れを癒せる毎晩通えるフレンチ

  • ワインを日常的に

    2011年の11月に中目黒にオープン後、2016年、広尾にリニューアルオープンしたル・プリュース。ウィークリーで使える可能性を残したフレンチということで、仕事帰りに寄り、上質な料理とワインで日々の疲れを癒せるようにとのコンセプトがある。シェアをすることを考慮に入れてないコース料理は、日本人はあまり得意としていないが、日常使いの負担にならないような配慮が施してあるので、気軽に入れる雰囲気がある。アラカルトでの利用もできるので、深夜利用にも最適

  • ワインにあったお料理が絶品

    ル・プリュースの内装はカジュアルでウッド調の柔らかいものとなっている。カウンターには、生ワインの樽が陳列されており、北欧のロッジに遊びに来ているかのような、ワクワクするデザインが見ていても楽しい。また月代わりのメニューや季節のメニューがオススメで、特に茨城や長野の有機野菜を使用している点も評判を呼んでいる

  • グラスワインの豊富さ

    女性の二人客が多いことから、グラスワインは常時14種類ほど。1本に対して6杯取りで12,000円のボトルなら1杯2,000円といった良心的な料金体系で用意しているので是非頼んでみて欲しい。ボトルで白を注文し最後に赤をグラスで一杯頼むといったフレキシブルな注文が可能となっている。これはル・プリュースが最新のワインセラーを用意しているからこそ可能なグラスワインの提供方法といえる

  • 押野 健一
    本場フランスで培った技術と、企業で得た確かな知識の融合
    エコール辻東京・フランス校卒業後、フランス・リヨンで修行を積む。帰国後、レ・サヴールを経て、再び渡仏。フランス ラムロワーズなど数店舗のレストランで料理の経験を積む。30才で企業に入り、料理指導・メニュー開発業態開発・レストランやウェディング業態の料理長に従事したのち、2011年に独立。2015年、中目黒から広尾へ場所を移し、リニューアルオープン
  • 計算され尽くした安心感に包まれる
    内装の重要性
    なにより、柔らかく、可愛らしい外観、内装が通りがかりにも目を惹く。芝生の青々とした爽やかさと、木の温もりを感じるウッディな店内は、女性客を多く呼び寄せている。アンティークの窓から覗く厨房では、手際良く作業をこなすシェフの姿が見え、そこには家庭の理想のような、安心感が見え隠れする。企業に属して、店作りについて学んできたオーナーシェフだからこそ、成し得る店なのだろう
  • SPECIALITE
    契約農家から週替わりで仕入れる有機野菜
    群馬県や、茨城県を中心に契約農家から仕入れている有機野菜は、太陽の力強さを閉じ込めている。みずみずしく、旨味の強い有機野菜は、素材の味を生かしたままシンプルにいただきたい

予約できるプラン(全5件)

店舗名 Le Plus 広尾 (ル・プリュース ヒロオ)
住所 東京都港区南麻布5-15-20 南麻布フラワーマンション2階 北側
電話番号 03-6721-7382
最寄り駅 東京メトロ日比谷線 広尾駅1番出口 徒歩30秒
営業時間 ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30)
カフェ   14:00〜17:00

ディナー
[日〜木] 18:00~24:00
[金・土・祝前日] 18:00~3:00
定休日 不定休
席数 28席(テーブル22席・カウンター6席)
個室 1室 2〜6名
※4名以下のご利用の場合、個室料を頂戴いたします
料金目安 ランチ  900円~4,000円
ディナー 4,000円~8,000円
 
サービス料 なし
テーブルチャージ料 540円(ディナーのみ、パン代として頂戴します)
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 全席禁煙
店舗URL http://leplus-hiroo.jp/
補足情報 ランチあり、23時以降ラストオーダー、日曜日も営業、ワインが売り、子供同伴可能