1. トップ
  2. 東京都
  3. 銀座・築地
  4. 銀座治作

銀座治作ギンザジサク

  • 日本料理
  • 銀座・築地

伝統の味「水炊き」を守る。和食の神髄を味わえる会席料理

  • 銀座の老舗で、会席料理を

    銀座にある料亭、銀座治作。日本の伝統を守る、老舗料亭だ。本店である、つきじ治作の意志を汲んだ日本料理の真髄を味わうことのできる裏切らない味は、その格式高い信条によって、受け継がれてきた。銀座で本物の日本料理を味わいたいならば、素直に銀座治作に足を運べば、礼節を持って、もてなしてくれる。とにかく、間違いのない名店だ

  • 心を込めた、安心の接客

    つきじ治作といえば、言わずと知れた名店だ。その意志を汲んだ銀座治作は、本物の日本料理を、リーズナブルにより多くのお客様に楽しんでもらいたいというコンセプトのもとにある。お客様一組に対して、一人のスタッフが接客担当としてつく安心の接客は、「もてなしの心とは、礼儀にはじまり、礼儀に終わる」ということを再認識させられる。ゆっくりと、心ゆくまで、料理を楽しむために、プロフェッショナルの接客がお手伝いをしてくれるのだ

  • 祝いの席を空間の「趣」で

    銀座治作は、結納や祝いの席としても盛んに利用されており、顔合わせの席や祝いの席では、両家の希望に応えた献立を用意する。また、「お食い初め」という、「百日祝い」とも言われる、離乳食が始まる生後100日から120日前後の赤ちゃんのお祝いに合わせたお子様や、お孫様の成長を願う席でのプランまで用意されているのがうれしい

  • 山内 豊
    老舗料亭の本物の日本料理
    日本料理ならではの季節感を重視し、素材の持ち味を生かした料理を考え、味覚だけでなく視覚や聴覚でもおいしさが伝わるように工夫している
  • 伝統を守るという、責任
    80年以上の歴史
    昭和六年(1931年)、つきじ治作は初代総料理長兼店主、本多次作により創業される。東京進出にあたり、本多次作は、東京人の味覚、江戸前の味にこだわり、東京で店を成功させるために、東京の味覚に合ったものにこだわり、試行錯誤したという。その伝統は、口伝で、現代にまで受け継げられており、特に、名物である「水炊き」はその伝統の証ともなっている
  • 逸品
    伝統の味、「水炊き」 守るべきその味
    創業以来、伝統の味である、「水炊き」は、まさに絶品だ。現在でも、「水炊き番」と呼ばれる専任の、たった一人の料理人により、かたくなに守られているその味を体験してほしい

予約できるプラン(全5件)

店舗名 銀座治作(ギンザジサク)
住所 東京都中央区銀座8-12-15 全国燃料ビル B1地図を見る
電話番号 03-3542-5877
最寄り駅 東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線 銀座駅 A3出口、徒歩8分
JR 新橋駅 銀座口、徒歩7分
営業時間 [月〜金]
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)

[土]
ディナー 17:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日 日曜日、祝日
席数 80席 (テーブル52席・カウンター8席・座敷20席)
個室 8室 2~38名
料金目安 8,000円~15,000円
サービス料 10%
テーブルチャージ料 テーブル個室:5,000円~7,500円/座敷:10,000円
パーティールーム:15,000円※全室別途消費税をいただきます
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners
ドレスコード スマートカジュアル
禁煙/喫煙 分煙 ※全個室喫煙可、カウンター席のみ禁煙
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.jisaku.co.jp/ginza
補足情報 個室あり、ワインが売り、日本酒が売り、車椅子可能、子供同伴可能