1. トップ
  2. 東京都
  3. 六本木
  4. てんぷら 味覚

てんぷら 味覚テンプラ ミカク

  • 天ぷら・うなぎ・おでん
  • 六本木

六本木の老舗てんぷら店。自家農園から生まれる完全無農薬の新鮮野菜の味

  • 創業昭和6年、2代目店主の仕事

    六本木駅から3分、芋洗坂を下って細い道を入ると、六本木の喧騒をふと忘れるどこか懐かしい佇まいの『てんぷら 味覚』がある。お店は昭和6年に日本橋で創業、現在の店主である森宏氏は2代目で、六本木の地に移って28年という。初代から続く、吟味した旬の素材を丁寧に下ごしらえして揚げるてんぷらの味を守りつつ、現店主は20年前から自家農園で野菜の無農薬栽培も手がけている。朝採りの新鮮野菜のてんぷらは絶品である

  • 野菜、魚、胡麻油にこだわる

    『てんぷら 味覚』では、お客様の口に入る全ての食材に、店主のこだわりが徹底している。店主自ら丹精込めて栽培した季節の野菜に加えて、新鮮な海の幸も店主の目で選び、さらには選びに選び抜いた玉絞め一番搾りの胡麻油で揚げる。そのカラッとした軽やかな食感は箸が止まらなくなるほどである。その味をより引き立ててくれるのが、各地から取り寄せる天然塩と秘伝の天つゆ。老舗ならではの贅沢な味をご堪能いただきたい

  • 家族や仲間と笑顔で食すてんぷら

    江戸の風情を感じる『てんぷら 味覚』の店内は全30席。店主の語りと仕事を楽しめる9席のカウンターに加えて、テーブル席や6名までの小上がり席、8席までの座敷席を用意。ご家族やご友人との楽しいひと時はもちろん、お仕事帰りに立ち寄って旬のてんぷらとお酒で、明日への活力を充填するのもオススメである。『てんぷら 味覚』では日本酒やワイン、焼酎も揃い、旬の味覚を心ゆくまで楽しむことができる

  • 森 宏
    こだわりの趣味人が行き着いたお客様の身体にやさしいてんぷら
    てんぷら店の2代目として日本橋に生まれる。父親から江戸前てんぷらの技と心を受け継ぎつつ、若い頃はゴルフにのめり込み、チャンピオンを目指すほどに。プロ級の腕前まで到達した頃、新鮮な野菜の美味しさに目覚め、さらに土に魅せられて野菜の栽培を始める。クラブを鍬に持ち替えて、土作りから夢中で取り組み、神奈川に広大な自家農園を持つように。このこだわりが、お客様の身体にやさしく美味しいてんぷらにつながっている
  • 種類豊富なお昼の天丼も魅力
    常連のお客様に人気の鴨鍋
    『てんぷら 味覚』を味わい尽くすなら、お昼間に通うのもおすすめである。お昼のメニューには野菜天丼や天ぷら定食に加えて、塩天丼や天とろ丼、おまかせ天丼といった気になる品々も。訪れる度にいろいろな美味しさに出会えるはずである。また、自家製のお芋を揚げてレミーマルタンをかけたイモブラや、素材が揃えば登場する鴨鍋も常連のお客様には人気とか。新しく楽しい味覚に出会えるのもお店の人気の由縁であろう
  • SPECIALITE
    てんぷら
    新鮮な野菜に旬の魚介を極上の胡麻油で揚げる。シンプルな調理法ながら、てんぷらでしか味わえない醍醐味と美味しさがある。油の音の変化や香ばしさ、揚げ立てを食す瞬間の歯ざわりと旨味。五感に行き渡る至福である

予約できるプラン(全4件)

店舗名 てんぷら 味覚 (テンプラ ミカク)
住所 東京都港区六本木6-7-17
電話番号 03-3404-1800
最寄り駅 東京メトロ日比谷線/都営地下鉄大江戸線 六本木駅 1a出口 徒歩3分
東京メトロ南北線/都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩9分
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 1番出口 徒歩10分
営業時間 [月~金]
ランチ  11:30~14:00
ディナー 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 土曜日、日曜日、祝日
席数 30席(テーブル8席・カウンター9席・座敷8席・小上がり6席)
個室 1室 2〜8名
料金目安 ランチ  1,000円~
ディナー 10,000円~
サービス料 なし
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、その他
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 分煙(ランチタイムのみ全席禁煙)
リザーブギフト券 利用可
店舗URL http://www.tenpura-mikaku.com
補足情報 昼のみ現金、個室あり、カウンターが主体、ランチあり、靴を脱ぐ、ワインが売り、日本酒が売り、車椅子可能、子供同伴可能