1. トップ
  2. 東京都
  3. 日本橋・京橋・茅場町・神田
  4. LA BONNE TABLE

LA BONNE TABLEラ ボンヌターブル

  • フレンチ
  • 日本橋・京橋・茅場町・神田

西麻布レフェルヴェソンスのカジュアル店。壮大な大地を喚起させるアート作品

  • 完熟野菜を愉しむ

    ラ ボンヌターブルは、日本橋三越前のコレド室町2にあるフレンチレストラン。西麻布のフレンチの名店レフェルヴェソンスの姉妹店である。その哲学を踏襲しつつ、よりカジュアルにお料理を楽しめるレストランと評判だ。開放的でカジュアルな店内、そして機敏に笑顔で駆け巡るデニム姿のスタッフたち。ここが東京の都心であることを忘れ、海外にいるように楽しむことができるだろう

  • 臨場感溢れる店内

    ラ ボンヌターブルの店内は、北欧のデザインファニチャーを中心にスタイリッシュにまとめ上げられている。壁の3枚の絵画はなかでも印象的。よく目を凝らしてみると、それが絵画ではなくモニターに投影された静止画ということに気付くだろう。モナリザをはじめ、最後の晩餐など有名絵画を模したアートが30分おきにローテーションされる。この活気ある店内をより臨場感溢れるものとしているのがクラシックロックというのも興味深い

  • 素材が織りなすアート

    ラ ボンヌターブルのお料理は、素材が本来持つ自然の旨味を最大限に引き出す調理が施されている。素材の組み合わせがシナジー効果を生み、より複雑で繊細な味わいへと導いている。各素材の存在感を明確にし、軽やかかつ変化のあるお料理はまるでアートのようだ。これはひとえに高い技術のなせる業といえるだろう。またそのデザイン性豊かな盛り付けは、見るものの目を楽しませてくれるちがいない

  • 中村 和成
    一際輝くセンス
    1980年、千葉県生まれ。大学時代のアルバイトで料理の面白さに目覚め、卒業後は調理師専門学校に入学。そしてフランス料理の道へ進む。あのフレンチの名店シェ松尾、新江古田のレストラン ラ リオンなどで研鑽を積み、フレンチの基礎を固める。その後、西麻布のサイタブリアへ。同店がレフェルヴェソンスにリニューアルし、2年間が経過した2012年、スーシェフに昇格。2014年ラ ボンヌターブルのオープンとともにシェフに就任し、現在に至る
  • 生産者への敬意
    愛すべき食材の存在
    千葉のエコファームアサノや石川県の高農園をはじめ、長野のアトリエ ノマド、広島県の梶谷農園など全国より生産者の厳選した完熟野菜を使用。直接生産者を知ることで、その特徴や哲学をお客様に伝え、生産者とお客様との距離を縮める役割を担う。尊き食材の命の存在を理解し、敬意を払い、美味しくかつ無駄なく、愛情を込めて調理する。これにより現代では失われつつある食の安全性と、より完熟した旨味溢れるお料理の提供を日々心掛けている
  • SPECIALITE
    生産者に対する愛情
    身体に良い食材を選び、自然の旬に沿った無理をしないメニュー構成。真なる完熟を理解し、尊重するそのお料理に多くのファンが集う

予約できるプラン(全2件)

店舗名 LA BONNE TABLE(ラ ボンヌターブル)
住所 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2 1F地図を見る
電話番号 03-3277-6055
最寄り駅 東京メトロ銀座線/半蔵門線 三越前駅 A6番出口、徒歩2分
JR 新日本橋駅 A10番出口、徒歩2分
営業時間 [月〜日]
ランチ  11:30~15:00(L.O.13:00)
ディナー 18:00~23:00(L.O.21:30)
定休日 隔週月曜日
席数 51席(テーブル51席)
個室 なし
料金目安 ディナー 10,000円~15,000円
サービス料 10%
テーブルチャージ料 なし
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、その他
ドレスコード なし
禁煙/喫煙 全席禁煙
店舗URL http://labonnetable.jp
補足情報 ランチあり、日曜日も営業、ワインが売り
駐車場 COREDO室町駐車場あり
・駐車料金:250円/30分
・駐車台数:290台

徒歩3分以内に13箇所コインパーキングあり
160台(最寄りコインパーキングの収容台数)